ヘアカラーとは?

ヘアカラーは、ヘアカラーリング剤とも呼ばれており、頭髪専用の染料として用いられるものです。
ヘアカラーには、白髪が目立つ人向けの白髪染めもこれに含まれています。
とくに、白髪が生えていない人でも、おしゃれをしたいという目的で、地毛の色を全体的に別の色に染める目的で使用されることもあります。

 

ヘアカラーは、現在、日本国内の薬事法などの法律においては、化粧品としての染毛料と、医薬部外品としての染毛剤に区分されています。ヘアカラーは、白髪染め、おしゃれ染めと呼ばれることもあります。

 

白髪染めとしてのヘアカラーは、カラーリング、ブリーチ剤といったものとはまた異なるものです。髪の毛の色を一時的に染めて、その効果が長期間に渡り持続しないタイプのヘアカラーには、ヘアマニキュアがあります。

 

ヘアカラーは、スーパーやドラッグストア、コスメショップなどで販売されています。
ヘアマニキュアには、化粧品に用いられる成分が原料です。
ここでは、さまざまな種類のヘアカラーやその特徴やメリット、ヘアカラーの使い方、選び方などについて、ご紹介していきたいと思います。

ヘアカラーの必需品は?

ヘアカラーは、髪を染める作業を行うわけですから、あらかじめ準備しておく物がいくつかあります。ここでは、ヘアカラーの必需品や、あれば便利なグッズなどについて、ご紹介しましょう。

 

ヘアカラーには、さまざまなタイプがありますが、どのタイプのものを使用するにしても、髪につけたあとに液が下に垂れることがありますので、周囲には新聞紙やタオルなどを敷き詰めておくことを忘れないようにしましょう。

 

ヘアカラーを髪につけたあとに室内をウロウロすると、通った場所にヘアカラーの成分がフローリングやじゅうたんなどについてしまうことがありますので、使用前に必ず必要な道具を揃えて、すぐに手に取れる場所に置いておくことです。

 

ヘアカラーを染める時間や浸透させる時間についてチェックする必要がありますので、時計や砂時計を置いておくと良いでしょう。
この他には、ティッシュやコットン、タオルを準備しておきましょう。
ヘアカラーに付属しているクシ、輪ゴム、鏡、ケープなどを準備しておきましょう。

 

ケープをつけておくと、肩や首の部分にヘアカラーの成分が液だれしても、衣服に付着する心配もありません。

 

 

液垂れが心配な方や、髪のダメージが気になる方におすすめしたい白髪染めをご紹介します。
お試しキャンペーン全額返金など、まずは自分に合うか試してみて下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ヘアカラートリートメント|ルプルプ

 

簡単!なのにきちんと染まる!ダメージ0ゼロのヘアカラートリートメント
海の恵みのエイジングヘア・ケアLPLP(ルプルプ)染めるたびにうるおう白髪染め。
特許取得フレッシュ製法。
頭皮への優しさ満足度96%、髪のしっとり感満足度88%、染め上がり満足度87%
自宅で手軽に簡単!
手についても、天然染料なのですぐに落とせる!

 

 

ヘアカラートリートメント|ルプルプ

サラヴィオ化粧品 くろめヘアカラートリートメント

 

指折りの毛髪研究者たちが作った髪の艶と着色、そして安全、簡単に留意した白髪染め。サラヴィオから誕生!
艶染×やさしさ×手軽さすべてに自信があるからこそご満足いただけなければ全額返金!!
髪にツヤがあれば若々しく-5歳の印象に!!!

 

 

ヘアカラーの注意点

ヘアカラーを行う前に、注意点についていくつかご紹介したいと思います。
ヘアカラーに配合されている成分によっては、頭皮やお肌、髪にダメージを与える可能性が高いとされるものもあります。とくに、敏感肌やお肌の弱い方は、極力低刺激のものょ選ぶように心がけておきましょう。

 

髪の状態を十分にチェックして、切れ毛や枝毛が目立つ方、髪がぱさついている方などは、ヘアカラーをすることで、髪のダメージがより悪化する可能性があります。
髪の状態を見ながら、ヘアカラーをする時期については、慎重に判断しましょう。

 

ヘアカラーをするときは、とくに汚れてもかまわないような服装に着替えておきましょう。
首から肩にかけて、タオルやケープなどをかけて、衣服が汚れないように注意しましょう。
髪が長い人は、前髪や生え際、サイド、トップ、えり足など何か所かにまとめてブロッキングしておくと良いでしょう。

 

初めてで不安な人は、行きつけの美容院に行って美容師さんにアドバイスしてもらいながら、ヘアカラーの施術を受けると良いでしょう。美容師さんは、髪の状態についてチェックしてくれますので、ヘアカラーの方法や、染めたあとのヘアケアなどについて、アドバイスしてもらうと良いでしょう。